企業看護師の種類

企業看護師の種類

看護師の職の一つである企業看護師には、4つの種類があります。まずは、治験コーディネーターと呼ばれる職ですが、この仕事の特徴としては、治験に特化している部分です。ですので、病院での勤務ではなく、治験を行っているセンターに勤務をし、医師の診察を助ける為に、血液サンプルの採取や検尿、検便の補助、血圧の測定などの補助をする仕事になります。この職場で働く看護師の人数は、センターの規模によって異なっているのですが、ほとんどの治験センターでは夜勤がなく、土日、祝日の営業をおこなっていない場所が多いので、病院勤務よりも負担が少なくなります。その一方で、あくまでも治験の補助を担当する事から、専門的な看護知識を身につけるよりも、自分に割り当てられた仕事を淡々とこなしていくような職場でもあります。

その次には、臨床開発モニターと呼ばれる仕事があります。この仕事の流れとしては、治験を行う際に、相手側との契約を交わす、治験内容を確認する中で、しっかりとしたデータを取る事ができているのかを確認するする仕事になります。働く場所としては、治験コーディネーターと同じく、センター内での勤務が一般的ですが、コーディネーターの場合よりも、その治験内容に特化した専門知識が必要になってくる他、より高度な看護技術が必要になる事があります。ですので、募集を行う場合でも、治験コーディネーターとしての経験があること、もしくは病院での看護経験がある程度ある事を前提としている場合が多くなっています。

そして、産業看護師と呼ばれている企業内で働く看護師は、企業の内部にある保健所や医務室で働く事になります。大まかな仕事の流れとしては、その企業内で働く社員の健康診断の予約を取る事、健康指導を行う事です。また、出勤場所が企業である事から、一般社員と同じ勤務時間に出勤をするので、昼食の場合には外出できる、土日祝日の出勤や夜勤がないなどのメリットがあります。

企業看護師の種類として4番目に挙げる事ができるもの、それはクリニカルコーディネーターです。この仕事の特徴は、医療機器メーカーの中で働き、他の社員と同じ勤務内容をこなす中で、一人一人の社員の健康管理を行うような仕事になります。内容としては、産業看護師と似ている部分が多いのですが、大きな違いとしては、産業看護師の場合では医療とは全く関係ない企業で働く一方で、クリニカルコーディネーターの場合には医療関係の企業内で働くという部分です。

企業に強い看護師転職サイトランキング!まずはここに登録!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp/ ※教育事業で有名なベネッセ運営




※当サイトではリクルート系のナースフルが安定して1位を獲得中です。
※厚生労働大臣認可の無料転職支援サービスマイナビ看護師も人気上昇中です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師転職@企業に強いサイトランキング All Rights Reserved.