第二新卒で企業看護師に転職

第二新卒で企業看護師に転職

看護師の職は、想像以上にハードな現場である事から1年目で離職をしてしまう人が多いです。その中でも、老人介護施設や大型病院での勤務は、夜勤が続く、土日の出勤が続く事で精神的な負担が大きくなってしまい、それを理由として転職を希望する人も多いです。そして、次の転職先として企業看護師を選ぶ場合、果たしてどの程度の企業が第二新卒を受け入れているのでしょうか。

まず、企業看護師の採用率としては、病棟勤務よりも圧倒的に少なくなっています。また、求人への応募倍率は、有名大学病院の倍率よりも高く、採用人数が限られている職場では、いかに自分をアピールしていけるのかが問われます。また、企業看護師の場合は、まだまだ経験者を優先して雇用する傾向にある事から、新卒や第二新卒の人にとっては、かなり難しい道であると言えます。特に、転職を希望する場合には、なぜ以前の職場を離れたのか、そしてなぜ企業看護師として働きたいのかを明確にするような自己PRを行わなければ、書類選考の段階で落とされてしまう可能性があります。

では、実際に第二新卒を受け入れている企業としてはどのような場所があるのでしょうか。まず、企業看護師の中でも治験コーディネーターとして働く場合には、第二新卒の採用枠が設けられている事があります。この傾向は、規模の小さな治験センターよりも、大型の場所に見られる傾向です。その一方で、より専門的な知識を必要とする臨床開発モニターの場合には、第二新卒よりも、一から教育をし易い新卒を採用する傾向が強くなっています。

次に、一般企業で産業看護師として働く場合ですが、新卒の採用枠がやはり多いものの、近年では徐々に第二新卒の枠を設けるような場所も増えてきました。しかし、即戦力を求める現場である事から、転職としては、まだまだ経験者を雇う傾向が強く見られるので、事前にその職場の募集内容を確認しておくといいでしょう。

そして、医療関係の企業で働く場合でも、転職に限っては経験者を優先する動きが強いのですが、第二新卒の場合でも、新卒と同じ扱いで採用を行っている場所もあります。ですので、実際に職場を探す場合には、企業看護師の転職支援を行うエージェントに登録をしておくのも一つの手です。そして、企業の求人内容に関しては、その企業のホームページ上から、より細かな情報を集める事ができるので、実際に応募をする以前に、相手側が求めている経験や人物像を調べておくと、より確実に採用を期待できます。

企業に強い看護師転職サイトランキング!まずはここに登録!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp/ ※教育事業で有名なベネッセ運営




※当サイトではリクルート系のナースフルが安定して1位を獲得中です。
※厚生労働大臣認可の無料転職支援サービスマイナビ看護師も人気上昇中です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師転職@企業に強いサイトランキング All Rights Reserved.